会社概要

宮脇書店の歩みと発展

1877年(明治10年)
3月6日、元高松藩士宮脇藤太書店を開業
1947年(昭和22年)
法人組織に変更。
株式会社宮脇書店設立
1965年(昭和40年)
高松市丸亀町本店(当時木造40坪)を鉄筋300坪に改築(当初利用70坪)
1971年(昭和46年)
県内他都市への出店を開始
1977年(昭和52年)
郊外店出店を開始。三条店を最初として毎年3?10店の直営店をオープンする。
1980年(昭和55年)
高松市朝日新町に卸センターを新築(鉄筋240坪)。全国にFC店募集を開始。
本店隣接新館を120坪を開店(合計420坪となる)。
1989年(平成元年)
宮脇カルチャースペース(MCS)オープン
1992年(平成4年)
MCSより県立図書館、高松市図書館へ35万冊納入。
1996年(平成8年)
高松本店新館新装オープン。
都市景観賞受賞
1997年(平成9年)
高松南本店オープン。
1999年(平成11年)
日刊工業新聞社・優秀経営者顕彰の女性経営者賞受賞
岡山本店オープン。
2000年(平成12年)
MCSリニューアルオープン。
2003年(平成15年)
グループ企業の香川教科図書(株)を卸センター北隣に移転。
徳島本店オープン。
2006年(平成18年)
高松本店本館リニューアルオープン。MCSを総本店としてリニューアルオープン。観覧車、ブックプレイランド併設。
2009年(平成21年)
直営店約150店、FC店約200店を全国に展開中。
九州最大手の書店チェーン明林堂書店をグループ化(約70店)