イベント&フェア

第155回直木賞・芥川賞の受賞作品候補が決定しました!!

直木賞候補作品は以下の作品です。

伊東潤 「天下人の茶」(文藝春秋) 1620円(税込)
天下人となった秀吉と、『茶の湯』文化を創生した千利休。果たして2人の関係は、そして利休の死の真相とは!?

荻原浩 「海の見える理髪店」(集英社)1512円(税込)
伝えられなかった言葉、忘れられない後悔、それぞれの『家族』の切ない物語、全6篇。

門井慶喜「家康、江戸を建てる」(祥伝社) 1944円(税込)
低湿地の広がる田舎の土地を見たとき、彼は何を考えたのか―?強大な江戸幕府を作り上げた天下人・徳川家康の壮大なプロジェクト計画を考察する物語!!

原田マハ「暗幕のゲルニカ」(新潮社) 1728円(税込)
反戦のシンボルにして20世紀を代表する名画であるピカソのゲルニカ。2003年のある日、忽然と姿を消した―誰が、ゲルニカを隠したのか!?

湊かなえ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」(光文社) 1512円(税込)
母と娘、姉と妹、ライバル同士、女友達、男と女…人と人の間に潜む嫉妬や悪意、憎しみといった負の感情がおりなす、サスペンスミステリー!

米澤穂信「真実の10メートル手前」(東京創元社) 1512円(税込)
高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と 呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と 合流して取材を開始するが…太刀洗万智シリーズ最新刊!

なんと、今回は候補者全員が今まで直木賞候補に上がったことのある実力派作家揃い!という強豪ひしめく直木賞となりました。一体誰か受賞の栄冠を手にするのか、正直全く想像つかない程です。

そして、芥川賞候補作品は、以下のように決定いたしました。まだ書籍化はしておりません。

今村夏子 「あひる」(たべるのがおそいvol.1)
高橋弘希 「短冊流し」(新潮1月号)
崔実   「ジニのパズル」(群像6月号)
村田沙耶香 「コンビニ人間」(文學界6月号)
山崎ナオコーラ 「美しい距離」(文學界3月号)

山崎ナオコーラさんは芥川賞候補常連で既に有名な作家であり、 村田沙耶香さんは三島由紀夫賞受賞作家として有名な方です。個人的にはベテラン作家勢の度肝を抜いたという『ジニのパズル』も、衝撃的な小説だったので、どの作品がとるかこちらも予想がつきません。

直木賞芥川賞、どちらも発表は7月19日(火)夜に決定します。

要注目です!!