イベント&フェア

7月19日夜、第155回、直木三十五賞と芥川龍之介賞が決定しました!!


直木賞に選ばれましたのは、荻原浩「海の見える理髪店」(集英社)1512円(税込)



荻原浩さんはこれまでも多くの著作が直木賞候補作に選ばれたり、『明日の記憶』で山本周五郎賞受賞や、『愛しの座敷わらし』といった映画化作品もあるベテラン作家のお一人です。
本書「海の見える理髪店」は、表題作含む全6篇の短編集になっていまして、様々な形の“家族”を巡る少しほろ苦く、涙がこぼれてしまうような優しく物語です。
刊行当時からよく売れていましたが、今回の受賞で更に読者層が広がるのではないかと思われます。家族全員で読めるような、切なくも温かい物語集です。


芥川賞は、村田沙耶香「コンビニ人間」(文藝春秋)に決定しました。
こちらはまだ刊行しておらず、7月27日(水)発売予定 予価(1404円〈税込〉)となっております。



 村田沙耶香さんは2012年刊「しろいろの街の、その骨の体温の」で三島由紀夫賞受賞したりと、近年西加奈子、加藤千恵、朝井リョウといった著名な作家陣にも注目されている女性作家です。先を読む手が止まりそうになるほど、心に刺さるような描写を描く方。
 
 今回の受賞作品の主人公は36歳の未婚女性で、コンビニバイトを18年続けていて就職をしていない、という少しばかり著者自身のことも含まれているのかと思わせられる(村田さんは36歳でコンビニバイトをしています)人物像です。そんな主人公が、自身の生き方を否定された時―どうなるのか?

刊行を楽しみに、お待ちくださいませ!!