イベント&フェア

2017年本屋大賞、大賞受賞作品が決定致しました!!


4月11日夜、2017年本屋大賞の授賞式がございました。
なんと今年、全国書店員が最もお客様に読んでほしいと選んだ作品第1位は!

恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)税込1944円に決定です!!

今年の1月に第156回直木賞受賞した本作品が、前代未聞のW受賞となりました。
恩田陸さんは、2005年本屋大賞でも『夜のピクニック』で本屋大賞を受賞しており、今回2回目の受賞…とんでもない快挙ですね!!
ですが、それだけの力のある素晴らしい小説だということは太鼓判押させて頂きますので、まだ未読の方はこの機会に是非ご覧くださいませ。

2017年度の順位は以下のようになりました。
====< 2017年本屋大賞 >========
1位「蜜蜂と遠雷」恩田陸/幻冬舎
2位「みかづき」森絵都/集英社
3位「罪の声」塩田武士/講談社
4位「ツバキ文具店」小川糸/幻冬舎
5位「桜風堂ものがたり」村山早紀/PHP研究所
6位「暗幕のゲルニカ」原田マハ/新潮社
7位「i」西 加奈子/ポプラ社
8位「夜行」森見登美彦/小学館
9位「コンビニ人間」村田沙耶香/文藝春秋
10位「コーヒーが冷めないうちに」川口俊和/サンマーク出版

そして、本屋大賞は毎年「翻訳部門」も行っております。
今年の大賞作品は、トーン・テレヘン:著、長山さき:訳
「ハリネズミの願い」(新潮社)税込1404円に決定しました!!

妄想癖が激しいハリネズミくんが、あまりに可哀そうになってくる本作品、ご家族でよめる児童文学のような小説です。是非ご覧くださいませ。

こちらの順位は以下のようになっております。
====< 2017年翻訳小説部門 >========

1位「ハリネズミの願い」トーン・テレヘン著、長山さき訳、新潮社

2位「すべての見えない光」アンソニー・ドーア著、藤井光訳、新潮社

2位「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」ピ?タ?・トライアス著、中原尚哉著、早川書房

3位「熊と踊れ」アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ著、ヘレンハルメ美穂・羽根由訳、早川書房