『ハリーポッターと呪いの子 第一部、第二部』特別リハーサル版
本体1,800円+税
発行年月 2016年11月11日(金)発売
静山社

「ハリーポッター」シリーズの最新刊となる『ハリーポッターと呪いの子 第一部、第二部』
の特別リハーサル脚本の日本語版、ついに発売です!大変よく売れています!!
この本は、J.K.ローリングの書き下ろした新しいストーリーをもとに
彼女とジャック・ソーン、ジョン・ティファニーが舞台監督を務める舞台劇を書籍化したものです。
通常の小説とは違い、台詞が主に書かれた舞台台本みたいなつくりなのですが、読み始めたらあっという間に魔法世界に連れて行かれてしまうこと間違いなしです!!

<ストーリー>
 8番目の物語。19年後。
この本は続巻として待ち望まれていた8番目のハリーポッターの物語で、『ハリーポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。

 ハリーポッターの名前は、常に彼にとって重圧だったのですが、ヴォルデモートを倒してからも、ハリーには重圧がかかり続けます。
今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方で、次男のアルバスは、望んでもいない”ハリー一家の伝説”という重圧と戦わなければなりません。魔法界の英雄でもある父親への複雑な感情と戦わなければなりません。
 過去と現在は不吉に絡み合い、父も子も痛い真実を知ることになります。闇は時として思いがけないところから現れるのです。
 J.K.ローリングと他二人によって手がけられたその後の物語、ファンはどれほど待ち続けたことか!そして本書はファンの期待に十二分に答えてくれています!!

店頭にて『ハリーポッターと呪いの子』の特別リハーサル版を買わない選択肢はございません!!