一人でも多くの人に本を届けたい

お勧め新刊

RECOMMEND

お勧めの新刊販売中一覧へ

今週のベストセラー

BEST SELLER

集計期間:2022年11月17日~11月23日(高松・宮脇書店調べ)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

ランキングをもっと見る

イベント&フェア

Event & Fair

イベント&フェア一覧へ

スタッフTopics

TOPICS

【宮脇書店オンラインストア】『チェンソーマン』セットに最新刊が追加‼
2022.10.05
【宮脇書店オンラインストア】『チェン...
『チェンソーマン』セットに最新刊が追加されました‼ チェンソーマン(ジャンプコミックス) 1~12巻セット ¥5,808(税込) 騙...続きを見る
【宮脇書店オンラインストア】『SPY×FAMILY』最新刊が追加‼
2022.10.05
【宮脇書店オンラインストア】『SPY×...
SPY×FAMILYセットに最新刊が追加されました‼ SPY×FAMILY(ジャンププラス) ¥5,280(税込) 1~10巻セット 5...続きを見る
福音館書店と宮脇書店のコラボ企画『ミヤボンKID’S』第2期発表
2022.10.03
福音館書店と宮脇書店のコラボ企画『ミ...
今年の8月より始まった宮脇書店「ミヤボン」×福音館書店 合同企画 『ミヤボンKID’S』第2期が発表になりました!(*^^*) 『ミヤ...続きを見る

スタッフTopics一覧へ

ミヤボン

宮脇書店がセレクトする
今イチオシの本

ペッパーズ・ゴースト
ペッパーズ・ゴースト
朝日新聞出版
伊坂幸太郎 

本の紹介

中学校の国語教師・檀千郷(だんちさと)は、受け持ちの女子生徒から自作の小説原稿を渡される。その小説の中では、猫を愛する奇妙な二人組・ネコジゴハンターが大暴れしていた。そして檀先生は、ある条件下で他人の明日の体験が少しだけ観えるという、不思議な力を持っていた。ネコジゴハンターとは何か。父の言葉、悲...

もしも徳川家康が総理大臣になったら
もしも徳川家康が総理大臣になったら
サンマーク出版
眞邊明人

本の紹介

2020年。新型コロナの初期対応を誤った日本の首都官邸でクラスターが発生。あろうことか総理が感染し、死亡する。かつてないほどの混乱の極みに陥った日本政府はかねてから画策していたAIとホログラムにより偉人たちを復活させ、最強内閣をつくる計画を実行する。徳川家康を筆頭に日本の歴史に名を刻む錚々たるメ...

老いの福袋
老いの福袋
中央公論新社
樋口恵子 

本の紹介

老年よ、大志を抱け、サイフも抱け! 88歳のヒグチさんの日常は初めてづくしの大冒険。トイレ閉じ込め事件から、お金、働き方、人づきあい、介護、終活問題まで、人生100年時代を生きる人に勇気を与える「知恵とユーモア」がつまったエッセイ。

沈黙のパレード
沈黙のパレード
文春文庫
東野圭吾

本の紹介

静岡のゴミ屋敷の焼け跡から、3年前に東京で失踪した若い女性の遺体が見つかった。逮捕されたのは、23年前の少女殺害事件で草薙が逮捕し、無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。町のパレード当日、その男が殺された―容疑者は、女性を愛した普通の人々。彼らの“沈黙”に、天才物理学者・湯川が挑む!

スマホ脳
スマホ脳
新潮社
著:アンデシュ・ハンセン 訳: 久山 葉子

本の紹介

平均で一日四時間、若者の二割は七時間も使うスマホ。だがスティーブ・ジョブズを筆頭に、IT業界のトップはわが子にデジタル・デバイスを与えないという。なぜか?睡眠障害、うつ、記憶力や集中力、学力の低下、依存―最新研究が明らかにするのはスマホの便利さに溺れているうちにあなたの脳が確実に蝕まれていく現実だ...

詳細を見る

ミヤコミ

宮脇書店がセレクトする
今イチオシのコミック

ダンダダン
ダンダダン
集英社
龍幸伸

本の紹介

幽霊肯定派の女子校生・綾瀬桃と、同級生の怪奇現象オタクのオカルト君は、互いに否定するUFOと怪異を信じさせるため、桃はUFOスポットの病院廃墟へ、そしてオカルト君は心霊スポットのトンネルへ行くが…。運命の恋が始まる?オカルティック怪奇バトル! 既刊1~5巻 8月上旬 6巻刊行予定!

税金で買った本
税金で買った本
講談社
ずいの  系山冏 

本の紹介

小学生ぶりに図書館に訪れたヤンキーな石平くん。その図書館で働く早瀬丸さんと白井くんに10年前借りた本を返却していないことを指摘される。その指摘をきっかけに図書館に通うようになるどころか働くことになる石平くんの図書館お仕事漫画。 既刊1~3巻 以下続巻

光が死んだ夏
光が死んだ夏
KADOKAWA
モクモクれん

本の紹介

光はもうおらんのや…それやったら――。ある集落で暮らす少年、よしきと光はずっと一緒に育ってきた。しかしある日、よしきは光が別のナニカにすり替わっていたことに確信を持ってしまう。それでも一緒にいたい。友人の姿をしたナニカとの日常が始まる。 既刊1巻 以下続巻

九条の大罪
九条の大罪
小学館
真鍋昌平

本の紹介

なぜか厄介な案件ばかりを引き受ける弁護士・九条間人(くじょうたいざ)。 鼻炎持ちのバツイチで、ビルの屋上でテント生活をしている偏屈な弁護士だ。 主な顧客は、半グレ、ヤクザ、前科持ちなど、きな臭い人だらけ!? ネットでは悪徳弁護士と罵られながらも、イソ弁の烏丸(からすま)と共に、依頼人の擁護に務...

ふつつかな悪女ではございますが
ふつつかな悪女ではございますが
一迅社 
尾羊英 中村颯希 ゆき哉

本の紹介

『殿下の胡蝶』と謳われる黄家(こうけ)の雛女(ひめ)・玲琳(れいりん)は、宮中一の嫌われ者である朱家(しゅけ)の雛女(ひめ)・慧月(けいげつ)の手にかかり、互いの身体を入れ替えられてしまった。牢に入れられ、入れ替わりの事実は話せず、己を害した罪に問われ死を目前とする玲琳(れいりん)…と、思われたが...

詳細を見る

店舗一覧

STORE

店舗一覧