香川県出身の洋画家・大森朔衞の画集!

大森朔衞(1919-2001)というひとをご存じでしょうか?
香川県小豆島土庄町で生まれ、高松で育った洋画家なのです。
その作品はいくつもの賞を受賞し、1980年代には武蔵野美術大学教授にも就任された人でした。
戦時中は、3度も召集を受け、3回目の1944年の時にスマトラへ。翌年その地の山で敗戦を知ったそうです。そしてその夜に持っていた刀でひとり自刃。戦友たちに助けられ、麻酔なしの手術で命をつなぎ、奇跡の生還。 そして高松に復員してみれば、ご自宅も、描いていた作品たちも全て焼失してしまっていた…

ゼロからのスタート。
画家は、再び絵筆をとったー

2015年に刊行した『画集・大森朔衞美術館」(求龍堂)税込3850円
大森朔衞さんの作品にふれられる貴重な作品集です。
大森さんの作品は、美しい幻想的といってもよい色彩が魅力的な、抽象性の強い絵が特徴的です。
けれど、どこか意志の強いメッセージ性を感じます。

今年で生誕101周年
まだご覧になっていない方は是非手に取ってみてくださいませ。
新館2階に陳列しております。



Twitterで大絶賛!!おおの たろうさん『きみの中のぼく』好評発売中!!

Twitterで話題!!
「1いいねにつき1日成長する赤ちゃん」待望の書籍化!

『きみの中のぼく』おおの たろう著
大和書房 1,320円(税込)



Twitterで話題の「1いいねにつき1日成長する赤ちゃん」がついに書籍化!!
「29万いいね=794歳分のいいね」を獲得した赤ちゃんの運命とは。

赤ちゃんの歩んだエピソードに、涙する人続出中…!

「真の完結編」「愛犬テンとの思い出」など、描き下ろし20P超、収録!
これまで発表されたエピソードにも加筆・修正を行い、充実の内容に!

共感の声、続々!
「号泣。親目線、子供目線で、感情移入してしまう」
「何歳からでもチャレンジできるし、家族をもっと大切にしたい」
「時間を忘れてずっと読んでしまった」
「自分の人生が好きだと思えるようになりました」
「笑って泣けてかわいい赤ちゃんの人生です」
「大切な人に会いたくなりました」

お子さんや大切な方へのプレゼントにもおすすめの一冊です!


著者のおおのたろうさんは、なんと!!高松市出身!!
学生時代には、宮脇書店をご利用くださってたそうです<(_ _)>
是非一度ご覧ください♪
ホッコリと、ホロリと、胸が熱くなる1冊です。

おおのたろう/たろう(な気分)
香川出身のイラスト、キャラクター、GIF作品等を制作する若きクリエーター。一児の父。
イラストレーター として幅広い媒体で活動しながらGIF作品では映画、漫画作品や様々な企業とのコラボ作品も多数。
2019年にGIFゲーム「赤ちゃんにおむつをはかせるゲーム」、2020年に「1いいねにつき1日成長する赤ちゃん」がTwitterで話題に。


村上春樹の6年ぶりに放たれる、短篇小説集『一人称単数』絶賛発売中!!


短篇小説は、ひとつの世界のたくさんの切り口だ。
村上春樹の6年ぶりに放たれる、短篇小説集『一人称単数』

『一人称単数』村上春樹 著
文芸春秋 1,650円(税込)


「一人称単数」とは世界のひとかけらを切り取る「単眼」のことだ。
しかしその切り口が増えていけばいくほど、
「単眼」はきりなく絡み合った「複眼」となる。
そしてそこでは、私はもう私でなくなり、僕はもう僕でなくなっていく。
そして、そう、あなたはもうあなたでなくなっていく。
そこで何が起こり、何が起こらなかったのか?
「一人称単数」の世界にようこそ。

『一人称単数』は、村上春樹さんの短編小説集としては
『女のいない男たち』から6年ぶり、
小説は『騎士団長殺し』から3年ぶりの刊行です。

「石のまくらに」「クリーム」「チャーリー・パーカープレイズ・ボサノヴァ」
「ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles」「ヤクルト・スワローズ詩集」
「謝肉祭(Carnaval)」「品川猿の告白」に、あらたに書き下ろされた
1編を加えた8作からなる連作短編集です。

ご来店、お待ちしております(^_^)/

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都市生まれ、早稲田大学文学部演劇科卒業。79年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『1Q84』(毎日出版文化賞)、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』、『騎士団長殺し』などがある。ほかに、短編集やエッセイ集など多くの著作や翻訳書がある。


大人から子供まで大人気の「ざんねんないきもの事典」シリーズ第5弾!!『おもしろい! 進化のふしぎ さらにざんねんないきもの事典 』好評発売中!!


『おもしろい! 進化のふしぎ さらにざんねんないきもの事典 』
【監修者】
今泉忠明
 【出版社】 高橋書店 
 【価格】 1,078円(税込)


25万人の小学生がえらんだ、【”こどもの本”総選挙 】で
2連覇を達成した、大人気の「ざんねんないきもの事典」シリーズに
第5弾が登場しました!!

野菜や果物、細菌を新たな仲間に加えて
今回もたっぷり100以上の新しい「ざんねん」なお話を紹介!!
進化の結果、なぜかちょっとざんねんな感じになってしまった生き物たちの
真実を存分にお楽しみください!

シリーズ第1弾から店頭にて展開しておりますので
ぜひ、この機会にご覧ください!


夏休みの宿題には欠かせない課題図書入荷しました!



夏休みの宿題の定番の読書感想文に欠かせない「課題図書」が
今年も入荷しております!

【小学校低学年】 
「山のちょうじょうの木のてっぺん」(新日本出版社)
「おれ、よびだしになる」(アリス館)
「タヌキのきょうしつ」(あかね書房)
「ながーい5ふん みじかい5ふん」(光村教育図書)
【小学校中学年】
「青いあいつがやってきた!?」(文研出版)
「ねこと王さま」(徳間書店)
「ポリぶくろ、1まい、すてた」(さ・え・ら書房)
「北極と南極の「へぇ~」くらべてわかる地球のこと」(学研プラス)
【小学校高学年】
「ヒロシマ 消えたかぞく」(ポプラ社)
「月と珊瑚」(講談社)
「飛ぶための百歩」(岩崎書店)
「風を切って走りたい!夢をかなえるバリアフリー自転車」(金の星社)
【中学校】
「天使のにもつ」(童心社)
「11番目の取引」(鈴木出版)
「平和のバトン:広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶」(くもん出版)
【高等学校】
「廉太郎ノオト」(中央公論新社)
「フラミンゴボーイ」(小学館)
「キャパとゲルダ:ふたりの戦場カメラマン」(あすなろ書房)

小学校低学年から高等学校まで各種取り揃えて展開しておりますので
是非、店頭にてお手に取ってご覧くださいませ♪
また、どんな風に書けばいいか迷ってしまうお客様には
読書感想文の書き方の本もございますので合わせて
ご覧になってみてはいかがでしょうか?