料理レシピ本大賞2020決定!!


第7回料理レシピ本大賞2020が決定しました!!

料理部門で栄えある大賞を受賞したのは・・・
「ひと口で人間をダメにするウマさ! リュウジ式 悪魔のレシピ」(ライツ社)
 
リュウジ 著 1,430円(税込)

タイトルにも有るように、悪魔的においしいのにとんでもなく簡単で実用的!!
最短で最高の味が作れること考え抜き尚且つ、レシピ本の半数は「低糖質」⁉
本当に悪魔なのか、実は天使なのかは、店頭にてお手に取ってご確認くださいませ!

その他受賞作品はコチラ!!

【料理部門・準大賞】 「藤井弁当 」 (学研プラス) 藤井恵 著 1,320円(税込)

【料理部門・入賞】 「syunkonカフェごはん レンジでもっと!絶品レシピ」(宝島社)
                      山本ゆり 著 814円(税込)
         「朝10分でできる スープ弁当」(マガジンハウス) 有賀薫 著 1,430円(税込)
         「力尽きレシピ」(光文社) 犬飼つな 著 1,210円(税込)

【こどもの本賞】 「おにぎり」(福音館書店) 平山英三 ぶん・平山和子 え 990円(税込)

【エッセイ賞】 「頑張らない台所〜60歳からはラクしておいしい」(大和書房)
                 村上祥子 著 1,540円(税込)

【コミック賞】 「私でもスパイスカレー作れました!」(サンクチュアリ出版)
                   こいしゆうか・印度カリー子 著 1,320円(税込)

【お菓子部門・大賞】
「材料2つから作れる! 魔法のてぬきおやつ」(ワニブックス)
                         てぬキッチン 著 1,320円(税込)

【お菓子部門・準大賞】 「 志麻さんの気軽に作れる極上おやつ」(マガジンハウス)
                                  志麻 著 1,540円(税込)

【特別選考委員賞】
「フライパン煮込み」(主婦と生活社) 若山 曜子 著 1,430円(税込)

料理レシピ本大賞コーナーを展開中です!
ぜひ、一度お立ち寄りください(*´ω`*)


香川照之さん作、「カブトムシのガブリエル、もりのヒーロー」好評発売中!


INSECT LAND(インセクトランド)
「カブトムシのガブリエル、もりのヒーロー」(講談社)
作 香川照之 絵 ロマン・トマ  1,540円(税込)


「INSECT LAND(インセクトランド)」シリーズ第2弾!!
香川照之さんが昆虫愛を注いだ「ホタルのアダムとほしぞらパーティー」に続く
「カブトムシのガブリエル、もりのヒーロー」が好評発売中です!

「INSECT LAND(インセクトランド)」シリーズとは・・・
子どもたちに昆虫の世界の多様性、自然界の豊かな姿を伝えたいと企画された
香川照之さんプロデュースの自然教育絵本シリーズです!

昆虫たちの住む「インセクトランド」を舞台に
個性豊かで可愛らしい昆虫たちの
心温まる物語に子供も大人も楽しめること間違いなし♪

今後も続々と新たな昆虫たちのお話が出版されるとのこと‼
楽しみすぎて目が離せません!!
この機会にぜひ、ご覧くださいませ☆(・ω・)ノ


香川県出身の洋画家・大森朔衞の画集!

大森朔衞(1919-2001)というひとをご存じでしょうか?
香川県小豆島土庄町で生まれ、高松で育った洋画家なのです。
その作品はいくつもの賞を受賞し、1980年代には武蔵野美術大学教授にも就任された人でした。
戦時中は、3度も召集を受け、3回目の1944年の時にスマトラへ。翌年その地の山で敗戦を知ったそうです。そしてその夜に持っていた刀でひとり自刃。戦友たちに助けられ、麻酔なしの手術で命をつなぎ、奇跡の生還。 そして高松に復員してみれば、ご自宅も、描いていた作品たちも全て焼失してしまっていた…

ゼロからのスタート。
画家は、再び絵筆をとったー

2015年に刊行した『画集・大森朔衞美術館」(求龍堂)税込3850円
大森朔衞さんの作品にふれられる貴重な作品集です。
大森さんの作品は、美しい幻想的といってもよい色彩が魅力的な、抽象性の強い絵が特徴的です。
けれど、どこか意志の強いメッセージ性を感じます。

今年で生誕101周年
まだご覧になっていない方は是非手に取ってみてくださいませ。
新館2階に陳列しております。



Twitterで大絶賛!!おおの たろうさん『きみの中のぼく』好評発売中!!

Twitterで話題!!
「1いいねにつき1日成長する赤ちゃん」待望の書籍化!

『きみの中のぼく』おおの たろう著
大和書房 1,320円(税込)



Twitterで話題の「1いいねにつき1日成長する赤ちゃん」がついに書籍化!!
「29万いいね=794歳分のいいね」を獲得した赤ちゃんの運命とは。

赤ちゃんの歩んだエピソードに、涙する人続出中…!

「真の完結編」「愛犬テンとの思い出」など、描き下ろし20P超、収録!
これまで発表されたエピソードにも加筆・修正を行い、充実の内容に!

共感の声、続々!
「号泣。親目線、子供目線で、感情移入してしまう」
「何歳からでもチャレンジできるし、家族をもっと大切にしたい」
「時間を忘れてずっと読んでしまった」
「自分の人生が好きだと思えるようになりました」
「笑って泣けてかわいい赤ちゃんの人生です」
「大切な人に会いたくなりました」

お子さんや大切な方へのプレゼントにもおすすめの一冊です!


著者のおおのたろうさんは、なんと!!高松市出身!!
学生時代には、宮脇書店をご利用くださってたそうです<(_ _)>
是非一度ご覧ください♪
ホッコリと、ホロリと、胸が熱くなる1冊です。

おおのたろう/たろう(な気分)
香川出身のイラスト、キャラクター、GIF作品等を制作する若きクリエーター。一児の父。
イラストレーター として幅広い媒体で活動しながらGIF作品では映画、漫画作品や様々な企業とのコラボ作品も多数。
2019年にGIFゲーム「赤ちゃんにおむつをはかせるゲーム」、2020年に「1いいねにつき1日成長する赤ちゃん」がTwitterで話題に。


村上春樹の6年ぶりに放たれる、短篇小説集『一人称単数』絶賛発売中!!


短篇小説は、ひとつの世界のたくさんの切り口だ。
村上春樹の6年ぶりに放たれる、短篇小説集『一人称単数』

『一人称単数』村上春樹 著
文芸春秋 1,650円(税込)


「一人称単数」とは世界のひとかけらを切り取る「単眼」のことだ。
しかしその切り口が増えていけばいくほど、
「単眼」はきりなく絡み合った「複眼」となる。
そしてそこでは、私はもう私でなくなり、僕はもう僕でなくなっていく。
そして、そう、あなたはもうあなたでなくなっていく。
そこで何が起こり、何が起こらなかったのか?
「一人称単数」の世界にようこそ。

『一人称単数』は、村上春樹さんの短編小説集としては
『女のいない男たち』から6年ぶり、
小説は『騎士団長殺し』から3年ぶりの刊行です。

「石のまくらに」「クリーム」「チャーリー・パーカープレイズ・ボサノヴァ」
「ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles」「ヤクルト・スワローズ詩集」
「謝肉祭(Carnaval)」「品川猿の告白」に、あらたに書き下ろされた
1編を加えた8作からなる連作短編集です。

ご来店、お待ちしております(^_^)/

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都市生まれ、早稲田大学文学部演劇科卒業。79年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『1Q84』(毎日出版文化賞)、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』、『騎士団長殺し』などがある。ほかに、短編集やエッセイ集など多くの著作や翻訳書がある。