伊坂幸太郎 最新刊!! 『フーガはユーガ』

『フーガはユーガ』(実業之日本社)
伊坂幸太郎 著 1,512円(税込)


ファン待望の1年ぶりの新作です!!
今回の新作長編は不思議で、切ない。

常盤優我が仙台市内のファミレスで一人の男に語り出すところから
ストーリーが展開されます。
双子の弟、風我のこと、決して幸せでなかった子供時代
そして、彼ら兄弟だけの特別な・・・

あらすじを深く説明したいのですが、あらすじは秘密とのこと・・・(ノД`)アァ
ですので、ぜひ店頭でお手に取ってお確かめ下さいませ!!


総本店 観覧車運休のお知らせ

【総本店 観覧車についてお知らせ】 

観覧車はメンテナンス中につき運休とさせていただきます

なお、再開つきましては現在のところ未定となっております。

再開時期は、決まり次第お知らせいたしますので
今しばらくお待ち下さいませ。 


三浦しをん最新作入荷しました!!

『愛なき世界』(中央公論新社)
三浦しをん 著 1,728円(税込)

恋のライバルが、人類だとは限らない――!? 
洋食屋の見習い・藤丸陽太は、植物学研究者をめざす本村紗英に恋をした。
しかし本村は、三度の飯よりシロイヌナズナ(葉っぱ)の研究が好き。
見た目が殺し屋のような教授、イモに惚れ込む老教授、サボテンを巨大化させる後輩男子など、
愛おしい変わり者たちと地道な研究に情熱を燃やす日々……
人生のすべてを植物に捧げる本村に、藤丸は恋の光合成を起こせるのか!? 
道端の草も人間も、必死に生きている。世界の隅っこが輝きだす傑作長篇。


三浦しをんさんの最新作!!
何と言ってもまず、今作品の装丁に目が奪われますよね!
とても綺麗なので手に取ってしばらく見つめてしまう方も多いはずっヾ(*´ω`)/
そして、装丁に負けない物語の心がほっこりする面白さ♪
普段、小説をあまり読まない方にもオススメしたい1冊です


するする読めて野鳥のひみつが分かっちゃう!!『トリノトリビア』

『トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える野鳥のひみつ』(西東社)
鳥類学者・川上和人/マンガ家・マツダユカ

ほとばしる文才と過剰なギャグ、鋭い考察と鳥への愛。
今、日本で最も熱い鳥類学者 川上和人先生の最新刊!『きょうのスー』(双葉社)など
鳥を題材にした人気マンガ家マツダユカ先生。
スズメ、カラス、ヒヨドリなどなど身近な野鳥を
とりあげ、身近だけれどつい見過ごしがちな
野鳥たちの驚きの生態を、マンガと文章とで
ばっさばっさと解説していきます。
かわいい小鳥だと思いきや意外と凶悪なメジロ、カッコウの進化し続ける托卵戦略、
カラスがいつも暇そうなわけ......
驚きと笑いに満ちた怒濤のごとき読書体験に、
きっと読後だれもが空を見上げずにはいられないはず。


一度読みだすと止まらなくなります!!
分かりやすくためになって面白い四コマ漫画と解説!!
普段の生活で野鳥を気にすることの少なくなっている方!!
本書を見てから野鳥を自ら探しだしてしまうようになるかもしれません♪


湊かなえ新境地の一冊!

イヤミスの女王、とよばれる人気作家・湊かなえ先生が新たに書き上げた新刊が出ました!

「ブロードキャスト」(KADOKAWA) 税込1620円


湊かなえ初挑戦の、学園青春小説だそうです!!

主人公・町田圭祐は中学時代は陸上部に所属して駅伝で全国大会を目指していたけれど、3年生の最後の大会で僅差で出場を逃してしまった。
その後、陸上の名門校・青海学院高校に入学したが、ある理由から陸上部に入る事を諦めざるを得ないことに。その時同じ中学出身の少年・正也から「声が良い」「理想の声」だと誘われてなんとなく、放送部に入部することになる。
陸上への未練は残したまま、圭祐は放送の面白さに目覚めていった。目標はラジオドラマ部門で全国コンテストに出場すること!しかし、制作の方向性を巡り部内で対立が起きてしまい―

イヤミスではありません!
読後感も爽快、少年少女達の頑張りが眩い一冊です!!