第155回直木賞・芥川賞決定!!

7月19日夜、第155回、直木三十五賞と芥川龍之介賞が決定しました!!


直木賞に選ばれましたのは、荻原浩「海の見える理髪店」(集英社)1512円(税込)



荻原浩さんはこれまでも多くの著作が直木賞候補作に選ばれたり、『明日の記憶』で山本周五郎賞受賞や、『愛しの座敷わらし』といった映画化作品もあるベテラン作家のお一人です。
本書「海の見える理髪店」は、表題作含む全6篇の短編集になっていまして、様々な形の“家族”を巡る少しほろ苦く、涙がこぼれてしまうような優しく物語です。
刊行当時からよく売れていましたが、今回の受賞で更に読者層が広がるのではないかと思われます。家族全員で読めるような、切なくも温かい物語集です。


芥川賞は、村田沙耶香「コンビニ人間」(文藝春秋)に決定しました。
こちらはまだ刊行しておらず、7月27日(水)発売予定 予価(1404円〈税込〉)となっております。



 村田沙耶香さんは2012年刊「しろいろの街の、その骨の体温の」で三島由紀夫賞受賞したりと、近年西加奈子、加藤千恵、朝井リョウといった著名な作家陣にも注目されている女性作家です。先を読む手が止まりそうになるほど、心に刺さるような描写を描く方。
 
 今回の受賞作品の主人公は36歳の未婚女性で、コンビニバイトを18年続けていて就職をしていない、という少しばかり著者自身のことも含まれているのかと思わせられる(村田さんは36歳でコンビニバイトをしています)人物像です。そんな主人公が、自身の生き方を否定された時―どうなるのか?

刊行を楽しみに、お待ちくださいませ!!


2016夏の文庫フェア開催中☆

本屋さんの夏といえば
「夏の文庫フェア!」
今年も各店店頭にて開催中です!!



発見!角川文庫
カドフェス


カドフェス注目作
「君の名は。」新海誠 著605円(本体560円+税)
まだ会ったことのない君を、探している…。新海誠監督みずから執筆した映画原作小説。

山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、自分が男の子になる夢を見る。
見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。
一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も、山奥の町で自分が女子高校生になる夢を見る。
やがて二人は夢の中で入れ替わっていることに気づくが―。
出会うことのない二人の出逢いから、運命の歯車が動き出す。



夏の1冊 集英社文庫
ナツイチ


ナツイチ注目作
「青空エール」小説・下川香苗 原作・河原和音 脚本・持地佑季子 594円(本体550円+税)

大人気コミックス原作の映画を小説化!!

野球部の応援をする吹奏楽部員に憧れ、吹奏楽の名門、白翔高校に入学したつばさ。
入学式の日、野球部の大介と交わしたひとつの約束と、
彼への恋心を支えにきつい練習をがんばってきた。
しかし、吹奏楽部も野球部も全国の壁は高く、ふたりの約束は果たされないまま。
そして約束は、最後の夏に託される―。



#キュンタ大作戦!
新潮文庫の100冊


新潮文庫の100冊注目作

「村上海賊の娘1・2」和田竜 著 637円(本体:590円+税)
本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞!木津川合戦の史実に基づく壮大な歴史巨編。

時は戦国。
乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。
村上海賊―。
瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。
彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景だった。
海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女。
この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く―。

ぜひ店頭でお気に入りの1冊をみつけてださい!


マガジンハウス70周年記念マグカップ登場!

マガジンハウスより、書店で買える素敵なマグカップが登場です!!


マガジンハウス創立70周年記念企画、MUGzin HOUSE創刊!
マガジンハウスから出ている人気雑誌達、BRUTUS、Casa BRUTUS、anan、Hanako、ku:nel、POPEYE、Tarzanなど、各雑誌編集部がオリジナルのマグカップを作りました!!
Casa BRUTUSはなんと、あの"minä perhonen"(ミナ ぺルホネン)がオリジナルデザインを描きおろしてくれています。POPEYEはアーティスト・五木田智央氏とのコラボが実現!他も、有名アーティスト達とのコラボで特別感の高いデザインになっております。
全部で28種類!値段は2484円(税込)ですが、ここでしか手に入らない希少価値の高いマグカップです!
自分用に、家族に、友人に、大切な人への贈り物に、是非店頭にてご覧くださいませ(^0^)!
※こちらは、宮脇書店では本店のみの販売とさせていただいております。どうぞ宜しくお願い致します。



第155回直木賞芥川賞候補作品決定!!

第155回直木賞・芥川賞の受賞作品候補が決定しました!!

直木賞候補作品は以下の作品です。

伊東潤 「天下人の茶」(文藝春秋) 1620円(税込)
天下人となった秀吉と、『茶の湯』文化を創生した千利休。果たして2人の関係は、そして利休の死の真相とは!?

荻原浩 「海の見える理髪店」(集英社)1512円(税込)
伝えられなかった言葉、忘れられない後悔、それぞれの『家族』の切ない物語、全6篇。

門井慶喜「家康、江戸を建てる」(祥伝社) 1944円(税込)
低湿地の広がる田舎の土地を見たとき、彼は何を考えたのか―?強大な江戸幕府を作り上げた天下人・徳川家康の壮大なプロジェクト計画を考察する物語!!

原田マハ「暗幕のゲルニカ」(新潮社) 1728円(税込)
反戦のシンボルにして20世紀を代表する名画であるピカソのゲルニカ。2003年のある日、忽然と姿を消した―誰が、ゲルニカを隠したのか!?

湊かなえ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」(光文社) 1512円(税込)
母と娘、姉と妹、ライバル同士、女友達、男と女…人と人の間に潜む嫉妬や悪意、憎しみといった負の感情がおりなす、サスペンスミステリー!

米澤穂信「真実の10メートル手前」(東京創元社) 1512円(税込)
高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と 呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と 合流して取材を開始するが…太刀洗万智シリーズ最新刊!

なんと、今回は候補者全員が今まで直木賞候補に上がったことのある実力派作家揃い!という強豪ひしめく直木賞となりました。一体誰か受賞の栄冠を手にするのか、正直全く想像つかない程です。

そして、芥川賞候補作品は、以下のように決定いたしました。まだ書籍化はしておりません。

今村夏子 「あひる」(たべるのがおそいvol.1)
高橋弘希 「短冊流し」(新潮1月号)
崔実   「ジニのパズル」(群像6月号)
村田沙耶香 「コンビニ人間」(文學界6月号)
山崎ナオコーラ 「美しい距離」(文學界3月号)

山崎ナオコーラさんは芥川賞候補常連で既に有名な作家であり、 村田沙耶香さんは三島由紀夫賞受賞作家として有名な方です。個人的にはベテラン作家勢の度肝を抜いたという『ジニのパズル』も、衝撃的な小説だったので、どの作品がとるかこちらも予想がつきません。

直木賞芥川賞、どちらも発表は7月19日(火)夜に決定します。

要注目です!!


注目の映像化作品原作本!!

ただいま書店にて、今後映像化される原作本&関連本が好評発売中です!
是非チェックしてみてくださいませ(^0^)/

川村元気「世界から猫が消えたなら」の実写映画が、いよいよ5月14日(土)公開です!!


「世界から猫が消えたなら」は2012年刊行以来、老若男女多くの読者に支持されているロングセラー小説です。 
ある日、突然“死”を宣告された青年の元に『悪魔』が現れ、世界から何かを消せば、寿命が1日伸びるという。彼は“何”を消していくのか…。切ないながら、大きな感動がラスト胸に溢れてくるような小説です!是非原作を手に取ってみてくださいませ。


事件はまだ、終わっていない――横山秀夫「64」実写映画の前編が5月7日(土)、後編が6月11日(土)公開です!!


重厚な刑事ドラマの名手で知られる作家・横山秀夫による警察組織と人々の合間を漂う緊張感が漂う、傑作小説、昨年ドラマ化、そしてついに豪華キャストでの実写映画化を果たしました!
元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。記者クラブと匿名問題で揉める中、“昭和64年”に起きたD県警史上最悪の翔子ちゃん誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定するが―!?
クライマックスは、正直本を持つ手が震えました。
原作ありきの映画です、是非手にとってみてくださいませ。


女子なら誰もが虜に!?
有川浩「植物図鑑」の実写映画が、6月4日(土)公開です!


「図書館戦争」シリーズなどで、もはや知らない人はいない作家・有川浩が贈る“ベタ甘”な恋愛小説が、ついに実写映画化となりました!
ヒロインには、いま朝ドラで人気の高畑充希、相手役にはEXILEの岩田剛典、原作者も喜ぶキャストとなっています。
『お嬢さん、良かったら俺を拾ってくれませんか?噛みません。しつけの出来た良い子です。」ある夜そんな台詞を言って笑いかけてきたイケメンを拾ったヒロイン。それから始まる2人生活は、異様に植物に詳しい彼との思いがけないほどに楽しい毎日となるのだが―。
とにかく、甘いです!!


衝撃のミステリーコミック、清水玲子「秘密」が実写映画化に!8月6日(土)公開です!!


21世紀後半の日本、死んだ人間の脳を120%活性化させることで、生前の記憶を視覚化する技術が出来、記憶を映像として再現できる時代に。警察内にある『第九』と呼ばれる部署は、秘密保護法の下、これを利用したMRI捜査を導入して、難事件を解決していた。
そこに配属された新人の青木と、壮絶な過去を持つ第九の美貌の室長・薪は迷宮入りとなった猟奇事件の捜査を進めるのだが―!?
架空未来社会で起きる壮絶な戦い、映像の前に是非、原作を見てみてはいかがでしょうか?