半沢直樹 アルルカンと道化師

ジャンル
タイトル
半沢直樹 アルルカンと道化師
著者
池井戸潤
出版社
講談社
価格
1,760円
発売日
2020年9月17日
販売状況
ご予約受付中
ISBN
9784065190166

購入ページへ

「半沢直樹」シリーズ6年ぶりとなる待望の最新作!
時はさかのぼり、東京中央銀行大阪西支店・融資課長時代のこと。
浅野支店長に屈辱の土下座をさせ、二度と這い上がれないよう奈落の底に突き落とした、その前夜。かくも謎めいた出来事が、起きていた――。
半沢直樹は、とある意外な場所で静かにその絵を眺めていた。モダンアート界の巨匠・仁科譲の代表的なモチーフ「アルルカンとピエロ」が描かれた絵だ。
ITベンチャー・ジャッカルが、資金繰りに苦しむ老舗の美術出版社・仙波工藝社を買収したいという。融資課長として取引先の救済策を思案する半沢の前に浮上したこの買収話、しかし、なんとも不可解な点があるのだ。
上司の支店長・浅野や副支店長・江島が半沢の意見書を無視し、強引に買収を進めようとしているが、なにか裏があるに違いない。
その絵はじっと半沢を見つめ返す。皮肉たっぷりにおどけるアルルカンと物悲しく微笑む道化師(ピエロ)は、半沢に何を語りかけるのか。解かなければならない融資の謎は、この絵の中に――!?
7月19日放送開始ドラマ「半沢直樹」シリーズ待望の最新原作小説が、ついに登場!
『半沢直樹1 オレたちバブル入行組』の前日譚となるシリーズ原点にして、「やられたら、倍返し!」、あの突き上げる爽快感とともに、明かされる真実に胸が熱くなる、シリーズ最高傑作!
9月17日発売予定