日本文学全集(全30巻)


河出書房新社より池澤夏樹=個人編集
日本文学全集が2014年11月より続々刊行中です。

特色
●池澤夏樹による個人編集
世界文学全集に引き続き、作家・詩人の池澤夏樹が“世界文学の中の日本文学”と位置付け、時代の変革期である今こそ読みたい作品を独自の視点で、古典から現代まで全30巻にわたって厳選しました。

●古典名作を第一線の作家による新訳で
『古事記』(池澤夏樹訳)、『源氏物語』(角田光代訳)から『たけくらべ』(川上未映子訳)まで、不朽の古典作品を第一線の現代作家による新訳で甦らせます。古典新訳を収録する約50年ぶりの日本文学全集となります。

●斬新な巻立てと魅力ある作品構成の近現代
「『日本人とは何か?』『私は誰か?』を問う素材としての文学」という視点から作品を選び抜き、各作家の巻に加えて、民俗学と文学をテーマにした「南方熊楠・柳田國男・折口信夫・宮本常一」、日本語の多様性を提示する「日本語のために」など斬新な巻立てが特徴です。また作家の巻は、小説だけでなく、エッセイ、評論も収録した魅力的な作品構成です。

●全作品解説を池澤夏樹が執筆
各巻、全作品の解説を池澤夏樹が執筆します。古典には専門家による作品解題、近現代には年譜を付け、各巻月報には作家、評論家などの書き下ろしエッセイを掲載します。

●読みやすさを追求
1段組みを基本とし、文字の大きさや書体に工夫をこらしました。また、従来の日本文学全集より多くふり仮名を入れ、読みやすさを追求しました。

●美しい日本の伝統色の装幀
カバーは6色の色展開で、帯は各巻にふさわしいイラストや写真で装いました。


ぜひご予約くださいませ!


タグ:日本文学全集 池澤夏樹 河出書房新社 予約

中央公論新社 創業130周年記念出版「谷崎潤一郎全集」決定版全26巻

中央公論新社 創業130周年記念出版
谷崎潤一郎全集 決定版【全26巻】
2015年5月10日 刊行開始!!

流麗な文章が生み出す、
豪著にして繊細な作品世界
これぞ文学の中の文学。
読むほどに、また格別の面白さ!


本全集の特色
充実の解題
本文が確定するまでの改稿、改訂の経緯など、最新の研究成果を盛り込んだ解題を各巻に付す。発表当時の創作意識にも迫ることができるように、初出誌紙、初刊本などいくつかの本文を校合して、主なヴァリアントを記載。「細雪」など原稿が現存しているものに関しては、原稿とも校合した。

◎編年編集で業績を一望
デビュー作「刺青」から、晩年の「瘋癲老人日記」、絶筆「七十九歳の春」にいたるまで、すべての作品(『源氏物語』現代語訳を除く)を、単行本ごと、執筆時期ごとにまとめる。また、同時期に書かれた随筆、短文も同じ巻に収載し、作風の変遷や創作の背景を明らかにする。

◎新資料を満載
全集未収の創作ノート全10冊、新たに発見された晩年の日記8冊など、創作と生活の秘密に迫る貴重な新資料をはじめとして、初収載の作品は100点以上。

◎新字旧かな
著者の意向を尊重しながら、現代の読者にも読みやすい本文とするため、新字旧かなを採用。

体裁
◎四六判上製・函入り 各巻約600ページ
◎予価 6,800円(税別)
◎装幀 ミルキィ・イソベ
◎装画 山本タカト
◎豪華執筆陣によるエッセイ掲載の月報付き

この機会にぜひ、ご一読してみてはいかがでしょうか?
ご予約をお待ちしております。


かつて胸を熱くした言葉を探す旅へ。集英社創業90周年記念企画「冒険の森へ 傑作小説大全」

「面白い小説こそ冒険である」「物語で読者に冒険を体験してもらいたい」。
そんな想いから生まれた
「冒険の森へ 傑作小説大全」
長編36編に、短編、掌編、純文学から童話まで。
ジャンルも出版社の垣根も越えた、まさに前例のない小説集が登場します。
2015年5月12日2冊同時発売、以降は7月より毎月5日発売で、全20巻刊行予定です。
小説の世界で、冒険する心を取り戻してみてはいかがですか?


タグ:予約

舞台は徳島、期待の若手時代小説家2作目登場!

 3月26日に発売しました、簑輪諒「殿さま狸」。著者は昨年デビュー作品『うつろ屋軍師』が、いきなり「この時代小説がすごい!2015年版」にランクインした話題の作家です。待望の第2作目、徳島藩祖となった武将を主人公にした快作となりました! 豊臣秀吉に足軽時代から仕えた武将・蜂須賀小六は誰もが耳にした名前だと思います。その小六の息子・蜂須賀家政が本作の主人公。父や名だたる武将達の大きな壁を感じつつも、自分の至らなさを素直に認め未来へと進んでいく家政に好感持つこと間違いなし!更に家政こそが、あの伝統ある『阿波踊り』を始めた人だと本作を読めば分かります。
 自分は一体何者なのか―常にそう問いただし続ける家政は、関ヶ原の合戦で予想外の奇策にでます。その内容は是非、本書を読んでお楽しみくださいませ。
簑輪諒「殿さま狸」学研マーケティング 1458円(税込)



昭和天皇実録 平成27年3月刊行開始 予約受付中

  「歴史」を目撃する全19冊公刊本いよいよ刊行開始!
  平成26年9月に公開された「昭和天皇実録」の公刊版
  昭和天皇の日々の動静や関わった出来事などを記す



平成2年より、宮内庁において24年の歳月をかけ編修され
平成26年8月、本文60巻が天皇皇后両陛下に奉呈されました。
明治34年の御誕生から昭和64年の崩御に至る89年間
「激動の時代」を生きた天皇の御事蹟、そしてそれにまつわる
日本の政治、社会、文化などを余すところなく記述。
そこにはこれまで知られていなかった昭和天皇の生きた御姿とその時代が
生き生きと記されています。

『昭和天皇実録』 宮内庁編修 東京書籍刊
本文18冊+索引1冊
菊版 クロス張り上製 美麗ケース入り 各冊平均800頁予定
定価本体 各1,890円(税別)