かつて胸を熱くした言葉を探す旅へ。集英社創業90周年記念企画「冒険の森へ 傑作小説大全」

「面白い小説こそ冒険である」「物語で読者に冒険を体験してもらいたい」。
そんな想いから生まれた
「冒険の森へ 傑作小説大全」
長編36編に、短編、掌編、純文学から童話まで。
ジャンルも出版社の垣根も越えた、まさに前例のない小説集が登場します。
2015年5月12日2冊同時発売、以降は7月より毎月5日発売で、全20巻刊行予定です。
小説の世界で、冒険する心を取り戻してみてはいかがですか?


タグ:予約

舞台は徳島、期待の若手時代小説家2作目登場!

 3月26日に発売しました、簑輪諒「殿さま狸」。著者は昨年デビュー作品『うつろ屋軍師』が、いきなり「この時代小説がすごい!2015年版」にランクインした話題の作家です。待望の第2作目、徳島藩祖となった武将を主人公にした快作となりました! 豊臣秀吉に足軽時代から仕えた武将・蜂須賀小六は誰もが耳にした名前だと思います。その小六の息子・蜂須賀家政が本作の主人公。父や名だたる武将達の大きな壁を感じつつも、自分の至らなさを素直に認め未来へと進んでいく家政に好感持つこと間違いなし!更に家政こそが、あの伝統ある『阿波踊り』を始めた人だと本作を読めば分かります。
 自分は一体何者なのか―常にそう問いただし続ける家政は、関ヶ原の合戦で予想外の奇策にでます。その内容は是非、本書を読んでお楽しみくださいませ。
簑輪諒「殿さま狸」学研マーケティング 1458円(税込)



「香川発未来人」未来を育てるキーパーソン26人の言葉ついに発売!!

世界的な企業から人間国宝まで!

香川県には多くの魅力的な企業があり、
本書は、様々な分野の最前線で活動する
リーダーたちにスポットをあて本音に迫りました。
どん底から這い上がってきた経験と自信、
会社・社員を背負う責任、そして未来を見つめる
熱い思いがたっぷり詰まった1冊です。

香川県で躍動する未来人26人のメッセージ
「ビジネス香川」紙の人気連載から厳選した23編に加えスペシャル鼎談を巻頭に収録!

宮脇書店社長、宮脇範次氏も掲載されています。
是非、店頭にてご覧下さいませ。

「香川発未来人」(ぴあ)1,296円


香川県三豊市の粟島が舞台で話題の「漂流郵便局」(小学館)大好評発売中!!

届け先不明の想いが流れつく郵便局の物語

恋人へ、10年後の孫へ、がんで急逝した夫へ、
11歳で天国に行ってしまった息子へ、祖父母の愛犬へ、ボイジャー1号へ・・・。
心に響き、心を揺さぶる手紙69通を収録。

これらは瀬戸内海の小さな島・粟島にある、不思議な郵便局に寄せられた手紙。

瓶に詰められた手紙が海を漂うように、
届けたくても届け先がわからない想いがブリキの私書箱に集まる。
その名は「漂流郵便局」。
旧粟島郵便局を現代アートとしてよみがえらせたものだ。

胸の内に秘めた想いが綴られた手紙と、瀬戸内国際芸術祭作品としての精巧なしつらい、
ゆったりと時がすすむ粟島の佇まい…。
涙とともに、なぜか懐かしく心地よく癒される世界へと、読む人を誘う。

返事はないとわかっていても、想いを伝えたい人はいませんか?

是非、一度店頭にてお手に取ってご覧ください。

「漂流郵便局 届け先のわからない手紙、預かります」(小学館)1,296円


昭和天皇実録 平成27年3月刊行開始 予約受付中

  「歴史」を目撃する全19冊公刊本いよいよ刊行開始!
  平成26年9月に公開された「昭和天皇実録」の公刊版
  昭和天皇の日々の動静や関わった出来事などを記す



平成2年より、宮内庁において24年の歳月をかけ編修され
平成26年8月、本文60巻が天皇皇后両陛下に奉呈されました。
明治34年の御誕生から昭和64年の崩御に至る89年間
「激動の時代」を生きた天皇の御事蹟、そしてそれにまつわる
日本の政治、社会、文化などを余すところなく記述。
そこにはこれまで知られていなかった昭和天皇の生きた御姿とその時代が
生き生きと記されています。

『昭和天皇実録』 宮内庁編修 東京書籍刊
本文18冊+索引1冊
菊版 クロス張り上製 美麗ケース入り 各冊平均800頁予定
定価本体 各1,890円(税別)